朝日小学生新聞
  • 毎日発行/8ページ
  • 月ぎめ1,769(税込み)

■安浪京子先生が、中学受験への親の関わり方をQ&A形式で答える連載です■

Q.転塾を考えています。いつまでなら転塾しても大丈夫でしょうか。

A.転塾の最終リミットは6年生のゴールデンウイーク明けから夏休み前です。受験生にとって夏休みは天王山であり、転塾したてで慣れない夏期講習についていくのに必死、という状況は避けたいもの。転塾に踏み切るには家庭内でも大きな葛藤があったと思います。だからこそ、転塾でハズレを引かないためにも、できるだけ体験授業あるいは授業見学して選びましょう(これらを受け付けていない塾もあります)。

秋になって転塾、あるいは12月になって転塾したお子さんもいますが、このような時期に受け入れてくれる塾は、学力を向上させる、あるいは結果に責任を持つ気はありません。ただし、これは塾が悪いわけでもなく、塾は時間をかけたそれぞれの育て方で仕上げにかかっているため、短期間の集団授業で新しく入ってきた生徒個人をどうこうできないのです。直前期の転塾の場合、塾は生活のペースメーカとして利用し、塾が何とかしてくれると期待しない方が賢明です。


【プロフィール】
安浪京子先生
安浪京子(やすなみ・きょうこ)
1976年、岐阜県生まれ。中学受験算数専門プロ家庭教師「(株)アートオブエデュケーション」代表として、受験算数の指導および中学受験メンタルサポートに力を入れ、毎年多数の合格者を出している。中学受験に関する講演やセミナーを多数開催。毎月第2,4木曜10~12時に、中学受験の悩みをざっくばらんに話し合う「中受カフェ」を開催中。
著書に『きょうこ先生のはじめまして受験算数』シリーズ、このメルマガ連載をまとめた書籍『中学受験 6年生の親がすべきこと』(いずれも朝日学生新聞社)など。

<<他の記事へ>>

■勉強のやり方を教える専門家、清水章弘さんによるコラム。
今回は「新聞をつくる」です。

■天声こども語のタイトルを考えよう
朝日小学生新聞の1面に週2回(水曜日、日曜日)、掲載されている374字のコラムです。文章を読んでタイトルを考えることで、要約する力がきたえられます。新聞にはタイトルが掲載されていませんが、このメールマガジンでは、天声こども語の筆者が考えたタイトル例を掲載します。自分で考えたタイトルと比較してみてください。

■ドラゴン桜2×朝小&朝中高「桜木建二が教える 大人にも子どもにも役立つ 2020年教育改革・キソ学力のひみつ」
LINE NEWS「朝日こども新聞」(月、水、金 8:30配信)で、月初めの5~6回、配信しています。
東大合格請負漫画・ドラゴン桜2とのコラボレーションで、主人公・桜木建二をナビゲーターに、新しい時代に求められる学力や学習法を紹介します。
4月のテーマは、朝日中高生新聞の連載でもおなじみ、清水章弘先生に聞く「自学自習ができるようになる方法」です。 自学自習は教科に関係なく身につけたい力。子どもへの上手な促しは? 塾通いによる弊害は? 詳しく教えてもらいます。 配信日は、1日(月)、3日(水)、5日(金)、8日(月)、10日(水)、12日(金)の予定です。
※朝日学生新聞社サイトから連載の抜粋版が見られます。
※LINE NEWS連載は、LINEアプリ( news.line.me/about )をインストールして「朝日こども新聞」を検索。友だち申請すると読めます。

2019年中学受験体験者の声、公開しています
朝日小学生新聞の読者でこの春、中学受験にのぞんだ皆さんの声をウェブサイトで掲載しています。
主な進学先の学校名一覧も掲載しています。
https://www.asagaku.com/goukakuenq2019/goukakuenq2019.html

新入学・進級応援ページを更新中
特に新入生や低学年の保護者の皆様に役立つ記事を紹介しています。
https://www.asagaku.com/congratulations/index.html

朝日小学生新聞、朝日中高生新聞を新規ご購読の方(6か月)に、キャンペーンを実施中
https://www.asagaku.com/ 詳細はトップページのバナーからご覧ください。

トップへ戻る