MENU


さまざまなテーマで未来について考える朝小50周年企画・未来を見に行こう「こども会議」。2回目は人が関わることで保たれてきた自然「里山」で開催しました。東京都西部に広がる多摩ニュータウンの中に残された里山・長池公園(東京都八王子市)を、園長の内野秀重(うちのひでしげ)さんと、朝小で「生き物たちの地球」を連載(隔週日曜)する動物写真家の前川貴行(まえかわ・たかゆき)さんといっしょに歩きました。みんなは「美しい」「きれい」などと感じた「宝」を写真に撮って発表し、その宝を「100年後の子どもたちに伝えるにはどうしたらよいか」を話し合いました。
記事はこちら




参加者が作った新聞を紹介します。

岩本花恵(3年)

門岡健人(5年)

川村夏嬉(5年)

河野心優(5年)

村田一真(5年)

西尾優杜(5年)

大佐真結子(3年)

日比野栞奈(4年)

神谷はな(6年)






参加者が撮った写真を紹介します。

岩本花恵(3年)

門岡健人(5年)

神谷はな(6年)

西尾優杜(5年)

川村夏嬉(5年)

大佐真結子(3年)

河野心優(5年)

日比野栞奈(4年)

村田一真(5年)

柏木美穂(5年)



 


【フォトギャラリー】

 

姿は見えなくても、森のなかから複雑な鳥の鳴き声が聞こえてきました


 

里山の歴史や生き物について解説する内野さん


 

里山からは色々な役立つものが得られます。落ち葉は集めて腐らせ、肥料にします。


 

カメラを手にして歩くといろいろな発見がありました。


 

公園内でみられる(かもしれない)生きものについて話す内野さん


 

写真の撮り方を指導する前川さん

MENU

閉じる