朝日小学生新聞
  • 毎日発行/8ページ
  • 月ぎめ1,769(税込み)

■安浪京子先生が、中学受験への親の関わり方をQ&A形式で答える連載です■

「2月から始まる新学年に向けて、今何をすべきでしょうか」というお悩みへの答えです。

Q.2月から始まる新学年に向けて、今何をすべきでしょうか。

A.入試期間中は、多くの塾で5年生以下の授業がお休みになります。熱心なご家庭からは「この期間に何を復習しておけば良いでしょうか?」と質問されますが、1~2週間で復習できることなど、正直言って、たかが知れています(入試直前期の6年生は別です)。 この時期にぜひやっていただきたいのは「新学年に向けた学習環境整備」です。

具体的には
①テキスト棚の整理
②新しいノートの新調
③ファイル類の補充
です。

4年生から大手塾に通い始めると、入試までにテキストやテスト、プリント類を収納するのに、大人の背丈ほどの本棚が最低一つは必要になります。3、4年生のうちは学習量が少ないので、机の上に立てかけてもなんとかなりますが、高学年ともなるとそうはいきません。ギュウギュウに押し込めたテキストは取り出しにくく、それだけでやる気も削がれます。入試が終わるまではリビングのお洒落な景観は諦めて、たっぷりとしたテキスト収納スペースを確保しましょう。
過去のテキストは捨てずに取っておいてください。復習に使うこともありますが、入試直前にテキストやノートを全て積み上げ、「これだけ勉強したんだ」と子どもに見せて自信を持たせるために必要です。

次いで、手薄になりがちなのがノート。使いかけのノートを新学年になって使い続けるのも悪くはありませんが、学年が上がると学習難度が一気に上がり、子どもの書く文字もおのずと小さくなります。つまり、方眼ノートが使いづらくなってくるのです。また、冊数も科目別に使い分けられるよう潤沢に用意しましょう。算数と社会の混在したノートでは、学習内容も整理できません。

そして、ファイル類。「いつでも買える」と思っている間に、どんどんテストやプリントがたまって、あっという間に整理が追いつかなくなります。6年生になると特訓授業や模試の種類も増えるので、ファイルもたくさん用意しておきましょう。

色々言いましたが、一番大切なのは、親が一方的に整理整頓しないこと。「どうしたら勉強しやすい?」と、子どもと一緒に学習環境整備をすることで、新学年を「我が事」として迎えられるようにしてあげましょう。

【きょうこ先生からのお知らせ】
毎月、「中学受験オンライン相談会」を実施しています。
「お子様向けの会」は参加無料ですので、ぜひお子さんに教えてあげてください。
詳細はこちら https://juken-chugaku.com/category/event/

この記事は、2021年1月13日に配信したメールマガジンに掲載したものです

【プロフィール】
安浪京子先生
安浪京子(やすなみ・きょうこ)
1976年、岐阜県生まれ。中学受験算数専門プロ家庭教師「(株)アートオブエデュケーション」代表として、受験算数の指導および中学受験メンタルサポートに力を入れ、毎年多数の合格者を出している。中学受験に関する講演やセミナーを多数開催。 著書に『きょうこ先生のはじめまして受験算数』シリーズ、このメルマガ連載をまとめた書籍『中学受験 6年生の親がすべきこと』(いずれも朝日学生新聞社)など。

<<他の記事へ>>

■勉強のやり方を教える専門家、清水章弘さんが、「自ら学ぶ子」を育てるための秘訣をシチュエーション別に紹介します。
「将来の目標をどの時点で子どもに意識させた方がいいのか教えてください」という質問に答えます。

■家で過ごす時間が多くなっているみなさんのため、朝日小学生新聞・朝日中高生新聞の過去の連載などを無料公開中
新型コロナウイルスに関して知っておきたいこと、算数、国語、社会、パズルやクイズ、お料理などのコンテンツがあります。

トップへ戻る