朝日小学生新聞
  • 毎日発行/8ページ
  • 月ぎめ1,769(税込み)

■編集部から■

12月下旬。年末年始の特別紙面を作るため、編集部は一年でもっとも忙しい時期を迎えています。17年の元日は20ページを超える大ボリュームでお届けする予定です。
さて正月といえば、子どもたちにとって楽しみなのがお年玉。両親や祖父母、親戚の人など多くの人からもらい、大金を手にする子どももいるそうです。
お金の使い方について考えるいい機会になりそうですね。朝小では12月下旬の紙面でお年玉について取り上げます。

<<他の記事へ>>

■中学受験を乗り切るために、親が知っておきたいサポート術■
安浪京子先生が、中学受験への親の関わり方をQ&A形式で答える連載です。第13回は「模試の判定が悪かったら、本番も受からない?」

■教育にかける時間とお金の有効活用術■
教育アドバイザーの沖山賢吾さんが、塾講師などの経験をもとに教育の考え方を伝えます。今回は「子どもの事情」

■親はどう頭を切り替えて子どもたちの教育に向き合えばよいか■
2020年度に変わる大学入試と、それに向けた親の心構えと対策を、神奈川県大和市の宮崎教室塾長、宮崎智樹さんが解説。今回は「学校でのこと、聞いています?」

■朝小を授業でフル活用しています!■
小学生100名ほどの生徒が「天声こども語」の書写を続けている東京都練馬区の「受験 松井塾」から。「あらためて『読むこと』を」

トップへ戻る