朝日小学生新聞
  • 毎日発行/8ページ
  • 月ぎめ1,769(税込み)

現役の先生がアドバイス お悩みQ&A

新年度を迎えるワクワクした気持ちとは反対に、保護者の方からは、学校生活への心配ごとも寄せられます。新入生や低学年の保護者が気になる質問について、埼玉県さいたま市立海老沼小学校の菊池健一先生に聞きました。


きちんと座っていられるか心配

Q 「先生の話をきちんと座って聞けるかが心配です。落ち着きがないことも問題ですが、体力がないと姿勢よく座ることも難しいと聞きます。入学までに、家で気を付けられることはありますか。」

さいたま市立海老沼小学校の菊池健一先生
A 小学校の1時間の授業は45分です。45分は1年生にとってとても長く感じられると思います。そこで、学校では45分の中で様々な活動をモジュール的に取り入れるなど、弾力的に時間を使っています。また、教科書教材だけではなく、映像資料などの教具も取り入れ、児童の集中が途切れないようにしています。

 そこで、小学校入学前に15分ぐらいの時間で集中できるような学習を行うとよいでしょう。ひらがなの書き取り練習やお絵かきをしたり、絵本を読んだりするのもよいと思います。特に練習していただきたいのが「話を集中して聞く」ことです。小学校では幼稚園や保育園と比べて先生からの指示の数が多くなります。しっかりとお話を聞いて、その通りに行動できるようにすると、小学校生活をスムーズにスタートできると思います。


  • 朝学ギフト

トップへ戻る