朝日小学生新聞
  • 毎日発行/8ページ
  • 月ぎめ1,769(税込み)

卒業式、入学式の着こなしテクニック

出典:2017年2月20日付掲載 朝日おかあさん新聞

卒業・入学シーズン。おしゃれをして卒業式、入学式に出席したいけれど、別々のフォーマル服を買うのはもったいない気が…。そんな悩みを持つおかあさんのために、1着ですてきに着こなす方法を「ママのためのファッションスタイリスト」よしなみりかさんと、新宿髙島屋Reflectの菅原さんに聞きました。


紺色が合わせやすい

卒・入学の着こなしテク


「1着だけ買うなら、おすすめは紺色です」。そう話すのは、よしなみさん。紺はどの色にも合わせやすく、普段着としても使いやすいからです。
今回は、紺のノーカラージャケットに加え、グレーのテーラードジャケットでもコーディネートしてもらいました。
菅原さんは、フォーマルのボトムスはスカートが正式といいます。「最近はパンツで出席している方も見かけますが、正式ではありません」。スカートの丈はひざが出ないものを選びます。
おごそかな卒業式に対して、華やかな入学式。卒業式ではインナーのブラウスをシンプルなものにします。ジャケットの前ホックを留めて、インナーが見えないようにするのもいいでしょう。
入学式では、インナーをフリルやレース、ボウタイが付いたものにすると華やかに仕上がります。どちらも光沢があるものを選ぶときれいです。

パールを重ねて使って

アクセサリーはどちらもパールを使うのがよさそうです。キラキラした装飾はNG。パールのネックレスを2連か3連にして重ねて使うとよいでしょう。
2連、3連にして使うのは、縁起担ぎの意味があります。卒業式なら、これまでにお世話になった場所と縁が切れないようにという意味、入学式なら、これからお世話になる場所で縁が長く続きますようにという意味がこめられているそうです。
シンプルなパールのブローチやピン、コサージュもあると、華やかさが増します。
コサージュは卒業式では黒か紺、入学式では白を使うとよいでしょう。胸ではなく、顔に近い位置のえりに付けるのがおすすめです。
靴は黒がベスト。黒なら、今後使うときにも使いやすいからです。ヒールの高さは5~7センチ程度にすると足もとがきれに見えます。バッグも黒か紺でそろえ、かっちりしたタイプのものを選びましょう。
「どちらの式もメーンは子どもたち。一歩下がって目立ちすぎない装いをすることが大切です」とよしなみさん。

ストッキング・サブバッグ 選ぶ基準は?

スーツも靴もアクセサリーも用意万端にして当日を迎えたところで、「忘れていた!」となりがちなのが、ストッキングです。前もって準備しておきましょう。
菅原さんによると、色はナチュラルなものがおすすめ。白すぎると足だけが浮いてしまいます。最近は、5本指のものや、つま先がなくオープントゥの靴でも素足のように見せてはけるものなど便利なストッキングも出ています。寒くてもタイツはNGです。
入学式には学校からもらう資料がたくさんあります。サブバッグも忘れずにそろえておくと良さそう。よしなみさんは「どんなものを、どこで買えばいいのかわからないというおかあさんの声が多い」といいます。菅原さんは、紺色か黒色で、マチがあり、軽いものをおすすめしています。

買ったジャケットどう着る?

卒・入学の着こなしテク


卒業式・入学式用にジャケットを買ったものの、その後に使えない……。なんてことにならないように、普段着としての着回し方も、よしなみさんと菅原さんに教えてもらいました。
「紺のノーカラージャケットは、ボーダーと相性がいいです。私も実際にその組み合わせで着ています」と菅原さん。Reflectの半袖ボーダーカットソーは、首まわりにビジュー(宝飾品)が付いているので、アクセサリーなしでも十分華やかに着こなせます。
「ボトムスはジーンズでもすてきですよ」(よしなみさん)。ジャケットは袖を通さずに、肩にかけて使うと、おしゃれだといいます。
グレーのジャケットは、インナーとボトムスの色を統一して着ると、きれいです。「インナーに春らしいきれいな色を持ってきてもすてきです」と菅原さん。ボトムスを流行のプリーツにすると、春らしく着こなせます。

モデル:熊倉亜紀さん・渡辺敏江さん

スタイリストpoint

◆アクセサリーは2連、3連のパールのネックレスを選びましょう。キラキラした派手なものはNG です。
◆コサージュは、胸ではなく顔に近い場所に付けるのがおすすめです。顔が明るく見えますし、小顔効果も!

【スタイリスト よしなみりかさん】
30 代40 代ママのためのファッションスタイリスト。
JPCAパーソナルコーディネーター認定インストラクター。国際スタイリングカウンセラー協会認定スカーフスタイリスト。自身も女の子2人のママ。https://lica-style.jimdo.com/

店長point

◆色は紺が王道! 最近は生地に厚みのないものが多く、普段でも使いやすいですよ。カラーツイードも多く出ています。
◆スカートの丈は、ひざがかくれるくらいがベスト。パンツは正式ではありません。

【Reflect店長 菅原愛さん】
新宿髙島屋
東京都渋谷区千駄ヶ谷5 丁目24 番2 号
03・5361・1111
http://www.takashimaya.co.jp/shinjuku/


  • 朝学ギフト

トップへ戻る