朝日小学生新聞
  • 毎日発行/8ページ
  • 月ぎめ1,769(税込み)

1面の記事から

ぶんつくって みんなでべる 子こどもしょくどう

2017年6月22日付

きょうエムジェーキッズキッチンをたずねて

 おやはたらいていて、いっしょにごはんがべられない、いえじょうじゅうぶんしょくをとれない――。そんなとき、どもが一人でもはいれてえいようのあるしょくをとれる「どもしょくどう」が、ぜんこくひろまっています。きょうふしに、どもがぶんたちでりょうするどもしょくどうがあるとり、たずねました。(なかつかけい

たのしくておいしいしょ

 「おなかすいたね」。5月のようぜん10すぎ、きょうふしどもしょくどうエムジェーキッズキッチン」にどもたちがあつまりました。しょうてんがいてんきょうぶんきょうマイタウンむかいじまエムジェー)」で、つきに1かいひらかれます。
 どもしょくどうは、いきのボランティアがやすかくりょうしょくみんかんみ。エムジェーキッズキッチンでは、どもがされたものをべるだけでなく、ぶんたちでりょうします。
 さんりょうエヌピーオーほうじんからおかねえんじょけ、しょくざいいちは、されたしょくひんひつようなところにとどける「フードバンクきょう」からもらいます。
 このは、しょうがく2~6ねんの15にんほどといきのボランティアやだいがくせいさんし、ハンバーグやマカロニサラダをつくりました。あるおとこはニンジンをスライスし、あるおんなはタマネギをります。りょうべたどもたちは「おいしい」と、ほおばっていました。
 5ねんせいおんなは「おりょうたのしいし、ここにれば、みんなとシールこうかんができるのもうれしい」とわらいます。
 エムジェーキッズキッチンは、きょうぶんきょうだいがくせんにんこうばやしだいすけさんが3ねんまえなつはじめました。きっかけは「なつやすみできゅうしょくがないので、やせてきているがいる」というみんせいいんこえです。
 このいきせいかつけるたいや一人おやていおおいといいます。「おやがおかねあたえ、どもだけでしょくをするていも。あいじょうりないのか、ボランティアのだいがくせいにべったりあまえるおおい。キッズキッチンが、どもたちのしょの一つになれば」とばやしさん。りょうすることで、「ものをつくってよろこばれるけいけん」をみ、いつかしょくをつけるときにかしてほしいともねがっています。
 こうせいろうどうしょうの2012年のはっぴょうによると、へいきんてきしょとくはんぶんしたまわがくたいらすわりあいどものひんこんりつ」は、6にんに1人にあたる16.3パーセントどもしょくどうかくえ、ぜんこくすう百かしょあるとされます。
 ぜんこくどもしょくどうをつなげる「こどもしょくどうネットワーク」には、ほっかいどうからおきなわまで240じょうしょくどうさんしています。「おこめりない」というしょくどうがあれば、あまっているところからていきょうするなどします。きょくかまいけたかさんはどもたちにけ、「ちかくにどもしょくどうがあったら、あしはこんでみて。『おせっかい』をしたがるいきひとがたくさんいますよ」とはなします。

だいがくがまんがさっ

 きょうせんげつきょうせいだいがくきょうりょくして「どものひんこん」がテーマのまんがさっをつくりました。タイトルは「もうひとつのしょ こどものらいのために」で、2まんないしょうちゅうがっこうけんじょなどにくばりました。
 りょうしんこんしてせいかつこましょうがく4ねんおんなへんづいたせんせいが、たすけるおはなしおんなは、どもががっこうがえりにべんきょうをみてもらったりしょくしたりできるせつきます。せつは、きょうがすすめる「こどものしょ」がモデルです。
 ないでも、一人おやていがこの10ねんで1.5ばいえました。「どものひんこんぢかもんだいだとるきっかけにしてほしい。大人おとなたちが、いきどもをまもるようになれば」とていえんたかひろさんはいいます。

ニンジンやタマネギを切る子どもたち=5月、京都市伏見区
できあがったハンバーグやマカロニサラダ
京都府と京都精華大学がつくったまんが冊子

関連記事

最新の記事

    記事の一部は朝日新聞社の提供です。

    トップへ戻る