MENU
  • ジュニア朝日
  • 朝日小学生新聞:■朝小を授業でフル活用しています!■
朝日小学生新聞
  • 毎日発行/8ページ
  • 月ぎめ1,769(税込み)

■朝小を授業でフル活用しています!■

学力の土台は「読み、書き、そろばん」と昔からよく言われています。子どもたちを実際に現場で学習指導されている先生方におきましては、日々痛感されることだと思います。

今回から2回は「そろばん」についてふれたいと思います。

もちろん、そろばんができるかどうかではありません。四則演算が速やかに正確に、ケアレスミスの一つもなくできるかどうかという「計算力」の問題です。
「計算力」は?と問われれば、すぐさま頭に浮かぶのは、足し算、引き算、掛け算、割り算がきちんとできるのか、ケタ数が多くても大丈夫か、ではないでしょうか。実は「計算」はもっと深いのです。

少し話しをそらせます。私の40年の経験では、国語や社会、理科などの科目は少しぐらいできなくとも、ただ単にその科目が不得意ということだけで勉強嫌いには必ずしもなりません。しかし、算数は違います。できなくなると算数が不得意だというだけでなく、勉強自体を嫌いになるという傾向があります。
それはおそらく科目の性質上の問題でしょうか。答えが出るか、出ないか。速いか、遅いか。○か×か。実際に学習をしている子どもたちにとっては、答えが出ない、時間がかかる、結局×になるということの繰り返しになる結果でしょうか。

算数は、すでに習った知識を積み上げながら学習する科目です。ですから一度つまずくと、後の内容も身につきません。ただ単に四則計算をするのではなく、工夫しながら学習することをきちんと学びさえすれば、心配はいらないのです。そんな計算の工夫や道具について、次回お話したいと思います。

★計算の工夫は、教科書では小学3年生から学び始めます。

東京都練馬区の塾『受験 松井塾』 松井光裕(まつい みつひろ)
松井塾 http://www.matuijuku.com

<<他の記事へ>>
■編集部から■
スーパームーンって!?

■中学受験を乗り切るために、親が知っておきたいサポート術■
安浪京子先生が、中学受験への親の関わり方をQ&A形式で答える連載です。第11回は「ノートやテスト、丁寧に書かせるにはどうする?」

■教育にかける時間とお金の有効活用術■
教育アドバイザーの沖山賢吾さんが、塾講師などの経験をもとに教育の考え方を伝えます。今回は「大人の仕事と子どもの勉強」

■親はどう頭を切り替えて子どもたちの教育に向き合えばよいか■
2020年度に変わる大学入試と、それに向けた親の心構えと対策を、神奈川県大和市の宮崎教室塾長、宮崎智樹さんが解説。今回は「『大学生』の意味が変わってきた?」


MENU

閉じる