MENU
  • ジュニア朝日
  • 朝日小学生新聞:■塾で朝小をフル活用しています!■
朝日小学生新聞
  • 毎日発行/8ページ
  • 月ぎめ1,769(税込み)

■塾で朝小をフル活用しています!■

さて、学習の上での理解力の話をします。当然ですが、私たちは“言葉”を道具として、どの教科も教えていきます。国語はもちろんのこと、算数(数学)や英語も日本語をフル活用して授業を進めます。教わる側の生徒たちは、“新たな言葉”と“自分の頭の中にある言葉”を組み合わせながら、新しい事柄を理解しようとします。
教える側は、生徒たちの言語能力に応じ、ときには言葉を噛み砕いたり、表現の角度を変えたりしながら教えなければなりません。飛躍をすれば、言語能力が高ければ、教わらなくとも教科書の内容を理解できる、ということです。つまり、言語能力が理解力の差になるのです。
ならば言語能力をどのようにして高めていくか。それは、日常的に多様な“言葉”に触れることではないでしょうか。子どもたちにとっては、年長者の兄や姉・祖父母がいることやたくさんの親戚付き合い、近隣とのご近所付き合いは、言語の習得にとっては大変有効です。しかし、現在の社会環境は反対の状況にあります。核家族化が進み、兄弟は減り、テレビやゲームの画面と長時間向き合い、塾までもが個別化されていく現在は、多様な言葉を聞くことも声に出すこともない一日が続きます。
「理解力」と「学ぶ力」の向上にとって言語能力がカギだとすると、いかに「知悉(ちしつ)語彙」を増やすかを考えなければなりません。それが「読書」と「新聞を読む」ことになります。小学生時代に一生モノの良い習慣である“本や新聞を読む習慣”をつけてください。
※知悉語彙:細かい点まで知っている言葉

東京都練馬区の塾『受験 松井塾』 松井光裕(まつい みつひろ)
松井塾 http://www.matuijuku.com

<<他の記事へ>>
■編集部から■
 朝日小学生新聞編集長が選ぶ、今話題のニュース!

■中学受験を乗り切るために、親が知っておきたいメンタルサポート術■
 安浪京子先生が、勉強の仕方以外に潜む、子どもが抱える問題点と、親の関わり方をQ&A形式で答える連載です。第3回は、「夏休みは毎日勉強しないとダメ?」という質問への答えです。

■わが子の朝小活用法■
 朝日小学生新聞の活用法を、岡山県岡山市のツユム塾塾長、露無要一千さんが伝えます。

■2020年度大学入試改革を前に知っておくべきこと■
 2020年度に変わる大学入試を、神奈川県大和市の宮崎教室塾長、宮崎智樹さんが解説します。

MENU

閉じる