MENU
  • ジュニア朝日
  • 朝日小学生新聞:■朝小を授業でフル活用しています!■
朝日小学生新聞
  • 毎日発行/8ページ
  • 月ぎめ1,769(税込み)

■朝小を授業でフル活用しています!■

今の小中学生が親の世代になる、20年後30年後はどんな社会になっているのだろうか。そんな記事が新聞や雑誌に載らない日はない。
少子高齢化による介護、年金、労働人口の減少。さらにグローバル化や想像を超える科学技術の進展――。だれもが予測できない不透明な時代を迎えることになりそうだ。

うまい具合に受験勉強をすり抜けて、レッテルさえ手に入れれば将来は安泰という時代の終焉を迎えた、と気がつかなければならないはずだ。では、これから社会が急激に変化する中を生きていくためには、どんな力が必要なんだろうか。
「コミュニケーション力」「表現力」「問題発見力」「協調性」――。それらはどれも必要な力であることは間違いない。

しかし、それが本質かと言えば何かしっくりこないのだ。どうも本質は、絶えず能動的に自分をアップデートするための「学ぶ力」であり、それも「独習力」ではないだろうか、という気がしてならない。
いつでも、どこでも、一人ででも学べる「独習力」こそが学びの自立であり、それこそがどんな社会や時代になっても通用する、真の「生きる力」ではないだろうか。
次回は、ではどうすれば「独習力」をつけることができるのか、をお話しします。

東京都練馬区の塾『受験 松井塾』 松井光裕(まつい みつひろ)
松井塾 http://www.matuijuku.com

<<他の記事へ>>
■編集部から■
2月10日は「左ききグッズの日」

■中学受験を乗り切るために、親が知っておきたいサポート術■
安浪京子先生が、中学受験への親の関わり方をQ&A形式で答える連載です
第17回は「入試本番で“これだけは!”気をつけたいこと」

■教育にかける時間とお金の有効活用術■
教育アドバイザーの沖山賢吾さんが、塾講師などの経験をもとに教育の考え方を伝えます。今回は「子ども小さな変化に気づけるか?」

■親はどう頭を切り替えて子どもたちの教育に向き合えばよいか■
2020年度に変わる大学入試と、それに向けた親の心構えと対策を、神奈川県大和市の宮崎教室塾長、宮崎智樹さんが解説。今回は「ちっちゃくなっていく時代に」


MENU

閉じる